ツル肌体験談(洗顔編)

汚れをしっかり落とす

最近肌のくすみが気になって仕方なかったので、改善できる方法はないか色々試してみました。

とても肌が綺麗な友達に色々と聞いて挑戦してみたのですが、その中で良かったのが蒸しタオルでパックする事です!家にある普通のタオルを水で濡らしてしぼった後レンジでチンするだけなのでコストもかからず、簡単にできました。

帰宅後、メイク落としをした後に蒸しタオルで温めて毛穴を開いた後で洗顔する事が多いのですが、汚れがしっかり落ちてさっぱりします。ベビーオイルなどで軽くマッサージした後に蒸しタオルを乗せてしばらくパックし、さらにマッサージしてふき取るのもオススメです。朝も時間がある時にやっていますが、朝パックすると肌が柔らかくなる感じで、化粧水の浸透が良くなり、化粧のノリも違います。温かくて気持ちがいいし、気分によって好きな香りのアロマオイルなどを少し落とすとリラックスもできます。

古い角質が取れるように、普段から週に1,2回スクラブで顔をマッサージしているのですが、その後には必ず普通のシートパックをしています。そこに蒸しタオルをプラスしてあげるともちもちでツルツルの肌になります!

友達は月1でエステに行っているみたいですが、私にはちょっと高くて続けるのにはちょっと。。と思ったので自宅で手軽にできる蒸しタオルをパックを試してみたのですが、十分満足しています。やっぱり毛穴の汚れをきちんと落としてあげる事が一番大事です。その後にしっかりと保湿してあげるだけで、肌の状態がずいぶん変わってきました。

特別高い化粧品は使っていませんが、ハリも出てきて透明感も出てきたのを実感しています。これからもツルツルの肌が保てるように続けていきたいです。

 

スクラブ洗顔で

私がツルツル肌になるために現在進行形で行っているのは、スクラブ入りの洗顔料で顔を洗うということです。ちなみにその商品は、クラランスの「ワン ステップ エクスフォリエイティング クレンザー」。お肌の汚れはもちろん、スクラブ入りなので古い角質を落としてくれて本当にツルツルのお肌になれるんです!

この洗顔料を試そうと思ったきっかけは、10代の頃からずっと鼻の黒ずみが気になっていたから。

ネットで色々調べてみると、「無理に角質を押し出したりすると逆効果なので、毎日きちんと正しい洗顔をすること」で鼻の黒ずみは取れる!という記事を見つけました。早速ドラッグストアで「鼻の黒ずみが綺麗になる」とのキャッチコピーがある洗顔石鹸を買って使ってみたのですが、全く効果が出ず…。やはり普通の洗顔石鹸じゃダメなんだな…とがっくりしながら色々調べているうちにこの洗顔料の存在を知りました。

ネットでの口コミもなかなか良かったので、とりあえずダメ元で買って使ってみたのですが、これがとても良いのです!スクラブは結構固めでゴリゴリしているのですが、それがお肌の角質を綺麗に落としてくれる感じがします。洗い上がりは本当にツルツル!今までにこんなに使用感に満足した洗顔料はありません。

現在1か月くらい使い続けていますが、あんなに長年悩んでいた鼻の黒ずみがかなり軽減されました。顔のお肌全体もツルツルです。正直、暇があったらついつい触ってしまうくらいです。

ただ、保湿をしっかりする必要があります。一度洗った後に保湿しないでいたら、お肌が粉をふいてしまいました。これで洗顔した後すぐに高保湿タイプの化粧水・乳液をしっかりつけておくと、本当にツルツルですよ。

 

米ぬか美顔法

米ぬか美顔法は知っていますか?今では米ぬかは、あまり見ないですが昔は良くある物でした。米ぬかには、ビタミン類や様々な栄養素が多く含まれています

顔のシミとくすみで悩んでいた私は米ぬか美顔法を試してみました。方法は洗顔前に米ぬかを顔に適量塗り、優しくマッサージするだけです。1分ほどクルクルと円を描く様にマッサージしたら、米ぬかを洗い流します。その後は、軽く洗顔して普段のお手入れをすれば終了です。

最初の時は結構米ぬかを顔に塗る事に抵抗がありました。何とも言えない妙な感触があるのです。米ぬか美顔法をした当日は特に効果は実感出来ませんでした。

米ぬか美顔法を2週間続けた所、顔が何だかツヤツヤしてきました。以前みたいにくすんだ感じが無いのです。しかし顔の一部分白くなっている箇所も出来てしまいました。とはいえそんなに目立つ物でも無かったので米ぬか美顔法を続行しました。

米ぬか美顔法を2か月した結果、顔はツヤツヤになりさらに美白効果もありました。米ぬか美顔法を始めて2週間経った頃から顔の肌の一部分が白っぽくなっていました。その肌が白くなる部分が次第に広がり、最後は顔全体が綺麗な白い肌になったのです。

米ぬかには様々なお肌に良い成分が含まれていて、顔のくすみだけで無く美白効果もあります。米ぬか美顔法は、米ぬかさえあれば簡単に出来ます。米ぬかがある人は是非お試しください。

TOP