脱毛サロンと医療系脱毛?

お店での脱毛と言えば、大きく分けて『脱毛サロン』での脱毛と『クリニック・美容外科』などの医療系脱毛の2つがあります。この2つの違いはどこなのでしょうか?

大きな違いは脱毛施術方法が違います。脱毛サロンはフラッシュ脱毛で、医療系脱毛店ではレーザー脱毛が主流です。(医療機関はニードル脱毛

医療系脱毛店でのレーザー脱毛は医師免許資格、専門的な技術が必要になります。出力も強く脱毛効果も高いです。永久脱毛に近い脱毛方法になります。

注:ほんとうの意味で「永久に毛が生えない永久脱毛」とは電気針を毛穴に刺して毛根を焼ききってしまうニードル脱毛のみです。

一方で、痛みが少なく気軽に施術を受けられる脱毛サロンの光脱毛ですが、その分レーザーに比べ出力も弱く脱毛の効果も弱くなります。その分お肌にかかる刺激が弱く、お肌の痛みや傷みが抑えられます。

ムダ毛が濃い人の方がレーザー脱毛の効果が出やすいので、濃いムダ毛で悩んでいる人は医療機関で脱毛をした方がいいかもしれません。

医療系脱毛は歴史も古く実績もあるので安心感もありますが、専門的で高度なサービスのため、脱毛サロンでの施術に比べると費用が高いです。

医療脱毛に比べると脱毛サロンは料金が安いです。

基本的な料金の安さに加え頻繁に期間限定でキャンペーンなども行っています。月額料金が数か月無料になるもの、施術料金が割引されるなど、脱毛サロンによって特徴は様々ですが、それらのキャンペーンを利用すれば、さらにお得です。

どちらを選ぶかは、安心感と金額を考えてみて自分に合ったところを選びましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る